ホーム > お知らせ > 9・1「Krush.32」泰斗「名古屋大会で自分を取り戻す。僕の試合は入場から楽しんでもらいたい」

お知らせ

9・1「Krush.32」泰斗「名古屋大会で自分を取り戻す。僕の試合は入場から楽しんでもらいたい」

泰斗

[2013/08/26]

 9月1日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.32 ~in NAGOYA~」の[Krush -63kg Fight/3分3R・延長1R]で栗原圭佑と対戦する泰斗のインタビューを公開! >>詳細

――2年連続の名古屋大会出場となりましたね。

「自分でも去年の名古屋大会を盛り上げたと思っていたので、今年も出場のチャンスはあるかなと思っていました」

――昨年の名古屋大会では格上の尾崎圭司選手に勝利する金星を挙げました。

「周りからは絶対に負けると言われていたんですけど、僕はそうじゃないと思っていたし、下馬評を覆すことが出来たのは良かったと思います」

――大会を沸かせたという自負はありますか?

「そうですね。宣言通りに“掟破りの逆トルネード”=タイトルネードも出せましたし(笑)、あの瞬間はすごく気持ち良かったですね」

――ただし尾崎戦から3連敗と約1年間、勝ち星から見放されています。

「そうなんですよ…。この1年であの勝ちがチャラになってしまいました(苦笑)。だからまたKrush名古屋大会で取り戻そうと思っています」

――泰斗選手としてはどこに反省点があったと感じていますか?

「魅せることにこだわりすぎましたね。変に魅せよう魅せようとして、自分のスタイルを見失っていたかもしれません。もともと僕はパンチが得意なんで、今は本当にパンチの基礎の部分、ワンツーからしっかりやり直してます」

――かつての自分を取り戻すことが今回のテーマですか?

「はい。昔の自分を取り戻しつつ、その上で魅せることが出来たらいいなと思います」

――対戦相手の栗原選手にはどんな印象を持っていますか?

「負けなしで勢いに乗っている選手だなと思います。パンチもあるので怖さはあります。でも自分本来のスタイルは打ち合うスタイルなので、それを見せるつもりですね」

――1年ぶりのKrush名古屋大会で復活の勝利を収めたいですか?

「また僕が回るところを見たい人がいるかもしれませんが、そこにこだわりすぎることなく、魅せるところで魅せられたらいいなと思います。やっぱり自分の武器はパンチなので、そこで勝負したいです。まずは自分が勝つことが一番ですが、今年もチームとして東京に勝ちたいです」

――名古屋のお客さんにはどんな試合を見せたいですか?

「まずは大会そのものを楽しんでもらいたいですね。個人的にはただ試合をするだけじゃ楽しんでもらえないと思っているので、エンターテイメント的な感じでいきたいです。自分の試合は入場から注目して欲しいです」

――1・14代々木でもサングラスをかけて入場していましたね。

「あれはプロレスラーのCIMAさんの真似です。僕はドラゴンゲートが大好きで、一度、CIMAさんとお会いする機会があったんです。その時に『入場で同じサングラスを使っていですか?』とお願いしたら、CIMAさんから快くOKをいただいて。あの入場はCIMAさんの公認です(笑)。ちなみにサングラスの形はCIMAさんと同じなんですけど、僕の好きな豹柄にカスタムしてもらっています。あんまり入場のハードルを上げちゃうと大変なんですけど(笑)、でも僕の試合は入場から楽しんでもらいたいです」

――ずばり2年連続で名古屋大会を沸かせますか?

「もちろん。去年は判定決着だったので今年は倒して勝ちたいです!」

≫ Krush.32 ~in NAGOYA~ 大会概要
≫ 栗原圭佑 選手データ
≫ 泰斗 選手データ

  • 泰斗 vs 東本央貴
  • 泰斗 vs 尾崎圭司
  • 泰斗 vs 尾崎圭司
  • 泰斗 vs 尾崎圭司
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます