ホーム > お知らせ > 9・1「Krush.32」栗原圭佑「攻撃力が自分の武器。泰斗選手に勝って自分の存在を知ってもらいたい」

お知らせ

9・1「Krush.32」栗原圭佑「攻撃力が自分の武器。泰斗選手に勝って自分の存在を知ってもらいたい」

栗原圭佑

[2013/08/26]

 9月1日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.32 ~in NAGOYA~」の[Krush -63kg Fight/3分3R・延長1R]で泰斗と対戦する栗原圭佑のインタビューを公開! >>詳細

――対抗戦出場が決まった時、どんな心境でしたか?

「前回の試合から間隔が空いてしまったにも関わらず、対抗戦のメンバーに選んでもらったことをうれしく思っています。試合が決まるまで、試合をしたくてウズウズしていました」

――今回は東京ではなく名古屋での試合となりました。

「名古屋で試合をすることよりも、対抗戦のメンバーとして負けられないなと思いますね。まだ自分はキャリアも実力もないのですが、自分一人の勝ち負けじゃないぞ、みたいな」

――栗原選手はデビューから7戦6勝1分と無敗です。ここまでのキャリアを振り返っていかがですか?

「意外と早かったですね。ただ無敗がプレッシャーになっているので、最初の頃に負けておいた方が良かったかなと思います(笑)」

――栗原選手がここは他の選手に負けないと自信を持っているものは何ですか?

「やられたらやり返すという気持ちですね。本当はもっと自分から攻めたいので、そういうスタイルも出していきたいと思っています。そのうえでKrushらしい倒し合いをしたいです」

――では栗原選手が考える自分の武器は何でしょう?

「自分ではあまり実感がないんですけど、パンチ力やキック力はすごいと言ってもらえますね。でも練習相手が(久保)優太や(木村)ミノルなので、あまり自分がどのくらい強くなったか分からないんですよ。試合で結果を出して強くなったかなと思っても、練習で2人にやられちゃうんで、自分の実力がいまいち分かりません…」

――確かに練習相手がトップファイターばかりですよね。でも試合を見ていても一発があると思います。

「ありがとうございます(笑)。周りにそう言ってもらえるということは攻撃力が自分の武器だと思うので、そこをもっと伸ばしていきたいです」

――対戦相手の泰斗選手にはどんな印象を持っていますか?

「試合映像をいくつか見ました。今までもそうなんですけど、自分の場合は対戦相手に合わせた練習をするという技術がないので、普段の練習で教えていただいていることを試合で出したいです。泰斗選手だからという意識はなくて、全力でぶつかっていくだけです」

――栗原選手にとってはキャリアが上の選手と対戦することになりますが、ここで自分をアピールしたいですか?

「はい。勝って自分の存在を知ってもらいたいです」

――次の試合も含めて、これからはどうステップアップしていきたいと考えていますか?

「まずは目の前の試合を確実に勝っていきたいですね。いずれはチャンピオンという目標もありますが、まだ自分はそのレベルにいる選手ではないので、勝ちを積み重ねていった結果としてベルトに辿り着ければいいなと思います」

――名古屋のお客さんにはどんな試合を見せたいと思っていますか?

「泰斗選手は実力もキャリアも上なので、自分の全力をぶつけます。そのうえで良い試合をして勝って、自分のことを覚えてもらいたいです。しっかり打ち合って倒して勝ちたいです」

≫ Krush.32 ~in NAGOYA~ 大会概要
≫ 栗原圭佑 選手データ
≫ 泰斗 選手データ

  • 栗原圭佑 vs 築
  • 栗原圭佑 vs 築
  • 栗原圭佑 vs 本村康博
  • 栗原圭佑 vs 宇都宮城
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます