ホーム > お知らせ > 8・25「Krush.31」牧平圭太「広島大会は武者震いが止まらない。ファイターとしてもファイトスタイルでも自分の色を出す」

お知らせ

8・25「Krush.31」牧平圭太「広島大会は武者震いが止まらない。ファイターとしてもファイトスタイルでも自分の色を出す」

Krush

[2013/08/20]

 8月25日(日)広島・広島県立総合体育館にて行われるBODYMAKER presents「Krush.31 ~in HIROSHIMA~」の[Krush -67kg Fight/3分3R・延長1R]で冨樫健一郎と対戦する牧平圭太のインタビューを公開! >>詳細

――地元・広島での試合が決まった時、どんな心境でしたか?

「寺戸(伸近)さんが初めて『広島大会をやりたい』と言った時、自分は会場にいたんですけど、寺戸さんの言葉を聞いてガッツポーズしてました(笑)。あの日からずっとKrush広島大会には出たいと思いよったんで、試合が決まってからむちゃくちゃ興奮してます」

――広島では初めての試合だと思うのですが、今まで地元の仲間たちから「広島でも試合をしてほしい」と言われることはありましたか?

「そうっすね。よう言われよったですけど『広島は田舎じゃけしょうがない』と言いよったんです。それで今回は試合が決まって、地元の連れたちもみんなで見に来てくれるみたいで。自分は18歳で東京に出てきているんですけど、みんな熱いやつらやなと思います」

――牧平選手は上京して何年になるんですか?

「6年かな。16~17歳の頃に広島で格闘技を始めて、実は全日本キックのプロテストを受けたのは一緒に受けた人のバーターだったんですよ。『あいつが受けるんだからお前も受けてこい』みたいな。関西で新空手にも出てはいましたが、優勝経験があったわけでもなかったんで。そうしたらプロテストに合格して、自分が輝けるのは格闘技しかない、どうせやるんやったら東京でやろうと思ってこっちに出てきました」

――それで地元凱旋となれば気合いが入りますね。

「もうやばいっすよ。今までは試合前に気持ちがドンと落ちる時期もあるんですけど、今回はそれが一切ないです」

――6・2新宿のテヨン戦はKrushらしい試合展開でスタートしたにも関わらず、テヨン選手がすねをカットしてドクターストップという結果に終わってしまいました。あれからどんなことを意識して練習してきましたか?

「あの試合もそうなんですけど、自分の良いところを100%試合で出せないのが欠点やったんです。それが最近になってようやく自分の良さが何なのか分かるようになってきて、格闘技が楽しゅうなってきましたね。『遅せーよ!』と言われそうですけど(苦笑)」

――今までは自分でも自分のファイトスタイルがはっきりしていなかったですか?

「極端に言えば運動神経がいいやつが何となくキックをやっとるだけ、みたいな試合をしていて、色んなことが合ってない状態だったと思います。でも今はそれがつながりだすようになりました。そこをみんなには見てもらいたいっすよ」

――そういったことに気付くようになったのもHALEO TOP TEAMという練習環境があるからですか?

「環境ですね。練習を見てもらっている三崎(和雄)さん、山内(佑太郎)さん、横田(一則)さん、阿佐美(ザウルス)さん、(大沢)文也…あと最近では郷野(聡寛)さん。郷野さんからすごくアドバイスをもらって、それが自分の動きにマッチするんですよ。まあこんなん言うても試合で出さにゃ、どうもならんので試合で出します。そういうテーマもあるんで、広島は武者震いしかないっす」

――今大会では総合格闘技・修斗で活躍する冨樫選手と試合が決まりました。

「まさか自分が修斗の選手とやるとは思っとらんかったですね。でも試合映像を見て、僕がイメージしていたよりは強い選手だなと思いました。肩書も何もない自分と比べても、(冨樫は)世界ランキングにも入っているベテラン選手ですし」

――Krushファイターの牧平選手から見て冨樫選手の打撃スキルはどう映っていますか?

「上手いなと思いますよ。ただ自分も総合の選手とはよく練習しているんで、そういう部分では自信もあるし、安心感はあります。でもキックの選手だから、総合の選手だからというのは関係ないっすよ。強いやつが強いんで」

――しかしKrush-67kgでベルトを目指している牧平選手としては勝たなければいけない試合であり、内容も問われると思います。

「そこはもうきっちり勝たないと。文句なしでマイクを持てるような試合をしないと誰も納得しないでしょう」

――9・1名古屋大会の久保優太VS野杁正明のタイトルマッチをはじめ、9月は67kgのトップファイターたちによる試合が続きます。対抗意識はありますか?

「塚越(仁志)選手も言っていましたけど、同じ時期に67kgの試合が組まれて、しっかり勝たんといけんな、と。塚越VS大和侑也、健太VSTaCa、中澤純VS小鉄で勝った選手は上に来ると思うんで、そういう選手たちとやりたいですね、やっぱり。あとこれは言っておきたかったのが、自分の色が何かを考えたら、自分が目指しているのはヒール型のヒーローなんですよ。昔から悪役っぽい主人公みたいなキャラクターが好きで、映画で言うと『ワイルドスピード』のドミニク・トレットや『ハンコック』のジョン・ハンコック。ずっとそういう人間に憧れてたんです。だからプロのファイターとしても、そこを目指そうと思っています」

――確かに今のKrushにそういう選手はいないですね。

「広島出身いうのも、それっぽいやないですか(笑)。ファイトスタイルだけじゃなくて、そういう自分の色も出していきたいっすね」

――広島大会は錚々たるメンバーがいますが、自分が一番目立ちたいですか?

「それしか考えてないっす。寺戸さんや優弥さんとは違う色を見せるんで、広島大会は牧平圭太に注目して下さい!」

≫ BODYMAKER presents Krush.31 ~in HIROSHIMA~ 大会概要
≫ 牧平 圭太 選手データ
≫ 冨樫 健一郎 選手データ

  • 牧平圭太 vs テヨン
  • 牧平圭太 vs テヨン
  • 松倉信太郎 vs 牧平圭太
  • 松倉信太郎 vs 牧平圭太
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます