ホーム > お知らせ > 8・11「Krush.30」初代-58kg級王者・武尊、右のパンチを“T-Bomb”と命名! 中島弘貴&山崎陽一は「やってきたことを全てぶつける」

お知らせ

8・11「Krush.30」初代-58kg級王者・武尊、右のパンチを“T-Bomb”と命名! 中島弘貴&山崎陽一は「やってきたことを全てぶつける」

武尊vsソルビン

[2013/08/10]

 8月10日(土)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントにて、明日、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.30」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 5・12後楽園で初代-58kg級王者となり、今大会でチャンピオンとしての初陣を迎える武尊。今回は57.5kgの契約体重で大韓ムエタイ協会フェザー級1位のソルビンと対戦する。計量では武尊がリミットちょうどの57.5kg、ソルビンは57.2kgでパスして会見に出席した。

 ベルトを肩にかけて現れた武尊は「明日はKrushで初めて外国人選手と戦います。でもいつもと変わらず、僕はKrusherなので、相手をぶっ壊しに行きます」と破壊予告。「スピードが速くて瞬発力がある」とソルビンの印象を話す武尊は「僕はKrushのチャンピオンになって、Krushが日本一のイベントだと思っています。だからKrushのチャンピオン=日本一だし、僕は世界一にもなりたい。日本一のチャンピオンとして、韓国人には負けられないという意思が強くなった」と王者として試合を迎える心境を語った。

 対するソルビンは13歳から野球をやっており(※ポジションはピッチャーと内野手)、格闘技は「16歳から始めました」という経歴の持ち主。会見ではやや緊張気味で「明日は盛り上がる試合をします。武尊選手はタフに見えますね」と口数は少なかったが「日本で試合が出来ることを光栄に思います。日本のファンに好まれるようにアグレッシブでタフな試合を出来るように頑張ります。勝っても負けてもKOで決着をつけたいです」とKO決着を宣言している。

 会見の最後、改めて「チャンピオンの強さを見せつけたい。Krushの一般的な知名度も徐々に高くなってきて、そのイベントのチャンピオンということでKrusherらしい試合をして(Krushを)アピールしたい」と語った武尊。さらに「僕はデビューして右のパンチで倒すことが多い。UFCにH-Bomb(ボム)と呼ばれている選手(※ダン・ヘンダーソン)がいて、ジムの人が僕の右のパンチを武尊Bomb=T-Bombだと言っています。なのでもし次の試合、右のパンチでKO勝ちしたら、その時はT-Bombと書いてください」と自らの得意技をT-BOMBと命名。注目が集まるチャンピオンとしての初戦、武尊はT-Bombさく裂でインパクトある勝利を掴むか?

 また王者・城戸康裕vs挑戦者・山内佑太郎のKrush-70kg級タイトルマッチが行われる今大会では、70kgのスーパーファイトで中島と山崎が激突。計量は中島が69.7kg、山崎が69.8kgでパス、会見で意気込みを語った。

 5・12後楽園で松倉信太郎に判定負けし「前回、松倉君に負けてしまって課題が出たので、中島選手どうこうではなく、その課題を克服してきました」と課題克服をテーマに取り組んできたという山崎。具体的なことを口にすることはなかったが「一発に頼りすぎちゃっているところがあったので、そこを修正しました。あとは距離。自分が嫌な距離になると迷ったりしていたので、そこを改善しました」とファイトスタイルを磨き直してきた。

 対戦相手の中島については「パンチが強くて、最近の試合を見るとバランスよく蹴りや膝も全部出している。トータル的に強い選手」と話したものの、それよりも新しいスタイルを出せるかどうかが山崎にとって勝負のポイント。「やってきたことを全部出せれば、結果につながると思う。やってきたことを全部出して勝ちに行くだけです」と山崎は語った。

 対する中島は6・2新宿で復活のKO勝利を収めているが「3月に(山内に)負けて色々と修正してきたので、持っている力を全部出し切って勝ちたい」と山崎と同じような言葉で挨拶。「パンチが強くてタフで精神的にも強い。タフな試合になりそうな気がします」と山崎の印象を話し「スピード、テクニック、ディフェンス、パワー。全部上げるところまで上げてきた」と全ての面でレベルアップしてこの一戦に挑むと話した。

 そしてここで突然のハプニング。両者に「城戸VS山内を意識するか?」という質問が挙がると、会見に同席していた宮田充Krushプロデューサーが「どちらが勝つと予想しているか? もしくはどちらに勝って欲しいか?」と2人に質問を投げかける。

 思わぬ質問に驚いた様子の山崎は「城戸さんとは毎日練習してスパーもやっているので、城戸さんに勝って欲しいです。予想は分からないですね。どんな展開になるのか自分も楽しみです」と回答。すると宮田プロデューサから「城戸が防衛すると戦いにくいので、山内に勝って欲しいとは思わない?」と踏み込んだ質問が飛び出し、山崎は「…ちょこっとあります」と複雑な心境を明かした。

 一方、山内と1勝1敗で城戸との対戦経験はない中島は「どっちが勝つかは…どっちでもいいですね。勝った方とやれればいいです。明日の試合に集中します」と語った。

 タイトルマッチについては対照的なコメントを残した中島と山崎だが、この試合の勝者が次の挑戦権争いに絡んでくるのは明らか。両者にとって、そしてKrush-70kgにおいて重要なスーパーファイトになるだろう。計量結果は下記の通り。

卜部弘嵩 60.0kg
板橋寛 59.7kg

城戸康裕 70.0kg
山内佑太郎 70.0kg

武尊 57.5kg
イ・ソルビン 57.2kg

中島弘貴 69.7kg
山崎陽一 69.8kg

匠 55.0kg
Kazyosi 55.0kg

結城将人 54.8kg
嶋田将典 54.4kg

青津潤平 60.0kg
レオナ・ペタス 60.0kg

伊澤波人 54.9kg
大川一貴 55.0kg

益田亮 54.8kg
隆聖 54.6kg

佐々木大蔵 63.0kg
宇都宮城 62.6kg

三堀“SMILE”美弥子 48.0kg
楓花 47.9kg

長谷川豊 69.6kg
秋元和也 69.7kg

≫ Krush.30 大会概要
≫ 武尊 選手データ
≫ イ・ソルビン 選手データ
≫ 中島弘貴 選手データ
≫ 山崎陽一 選手データ

  • 武尊vsソルビン
  • 中島vs山崎
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます