ホーム > お知らせ > 8・11「Krush.30」初代-58kg級王者・武尊「Krushのチャンピオンの中でも、僕は気持ちを前面に出すスタイルで存在感をアピールしたい」

お知らせ

8・11「Krush.30」初代-58kg級王者・武尊「Krushのチャンピオンの中でも、僕は気持ちを前面に出すスタイルで存在感をアピールしたい」

Krush

[2013/08/04]

 8月11日(日)東京・後楽園ホールにて行われる「Krush.30」のスーパーファイト[-57.5kg契約/3分3R・延長1R]でイ・ソルビンと対戦する初代-58kg級王者・武尊のインタビューを公開! >>詳細

――5・12後楽園で初代-58kg級王者となった武尊選手ですが、昨年末からハードな日程で試合をこなしてきました。この3カ月はいいリフレッシュになったのではないですか?

「そうですね。試合が約3カ月空いたので、精神的にはリフレッシュすることが出来ましたね。チャンピオンになったことで、色々なところから声をかけていただいてバタバタはしていたんですが、練習はずっと続けていました」

――記者会見では地元・鳥取県米子市の親善大使に就任したことを発表していましたが、チャンピオンになって思った以上の反響がありましたか?

「はい。改めて同じ格闘家でもチャンピオンとそうじゃない選手はこれだけ違うんだなということを感じています」

――例えば武尊選手のご家族や地元の人たちの反応はいかがでしたか?

「家族はすごく喜んでくれました。特に母親はデビュー戦の頃から、ほぼ毎回東京まで試合を見に来てくれているので。地元の人たちは僕が『東京で格闘技をやっている』くらいにしか思っていなかったんですが、今回のトーナメントは大きく取り上げてもらって、しかもそれでチャンピオンになることが出来たので、自分のことをより知ってもらえる機会になりました」

――これからはKrushのチャンピオンとして周りから見られることになります。そういった意味で心構えは変わりました?

「練習で年下の選手に負けないのはもちろん、チャンピオンとして他の選手に負けられないという自覚は生まれました。また今までは一選手だったのが、チャンピオンという肩書を持って、普段の行動や発言にも意識しなきゃいけないと思うようになりました」

――特にチームドラゴンには武尊選手以外にも山崎秀晃(Krush-63kg)、卜部弘嵩(Krush-60kg)、卜部功也(ISKA世界ライト級)とKrushでチャンピオンになった選手が3人います。

「僕自身もチームドラゴンのチャンピオンとして、ドラゴンを代表しているという気持ちがあるので、試合でも練習でも負けは許されない立場だと思います」

――今大会ではチャンピオンとしての初戦となりました。このくらいの時期に試合をしたかったのですか?

「そうですね。僕はタイプ的に試合がないと練習でもモチベーションが上がらないんですよ。だから出来る範囲でコンスタントに試合はやっていきたいです」

――武尊選手はチャンピオンになってもどんどん試合をして行きたい?

「試合は相手あってのことですが、僕は練習よりも試合の方が好きなので、たくさん試合をしたいですね。あとドラゴンは練習がキツいんで、試合なしにキツい練習をするのが、僕的には辛いんですよ。それだったら倒す相手を頭にイメージして、ぶっ倒そうという気持ちを持ってキツい練習をやりたいです」

――試合が決まるとずっと対戦相手のことを考えてしまうタイプですか?

「はい。僕は一途なんで(笑)。試合が決まると、ずっとその選手のことを考えているし、寝る直前まで試合のことが頭に浮かびますね」

――対戦相手のソルビンは韓国人選手ですが、どのくらい情報は入っていますか?

「映像はチェックしました。ムエタイスタイルだけど至近距離では打ち合うし、爆発力がある印象でしたね。情報は少ないですが、チャンピオンの僕に楽な相手は用意されないと思うので、気を引き締めて戦います」

――情報が少ない外国人選手が相手でも、しっかり内容で魅せて結果も出さなければいけない。これはチャンピオンだからこその課題ですね。

「僕は今までと変わらないんですが、周りからは『チャンピオンらしい試合を見せて欲しい』と言われます。僕も最近はKO勝ちから遠ざかっているので、久々に倒して勝って勝利のバク宙を見せたいですね」

――チャンピオンになっても自分らしさは失いたくないですか?

「きっとそれがなくなっちゃうと、僕は試合が楽しくないと思うんです。作戦を綿密に立てて、それに忠実に戦って判定でも勝つ。それも一つの手段かもしれませんが、僕は自分らしい戦いをしないと、自分じゃなくなる気がする。実際に楽しんで戦った方が、僕は強さを発揮できると思うんですよ。もちろん技術的にも肉体的にも強くして、選手としてレベルアップすることは必要です。でも自分の基本的なスタイルは変わらないです」

――次の試合でも「これが武尊だ!」という試合をしたいですか?

「はい。Krushの中で存在意義を示すためにも、自分らしさや自分の個性を出していきたいです。Krushのチャンピオンはみんな強くてテクニックもある選手たちばかりですが、僕の武器は気持ちです。Krushのチャンピオンの中でも、僕は気持ちを前面に出すスタイルで存在感をアピールしたいです」

≫ Krush.30 大会概要
≫ 武尊 選手データ
≫ イ・ソルビン 選手データ

  • 寺戸伸近 vs 武尊
  • 寺戸伸近 vs 武尊
  • 寺戸伸近 vs 武尊
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます