ホーム > お知らせ > 6・16「Krush.29」王者・山崎秀晃「チャンピオンとして確実に叩き潰す」、一輝は「最後まで倒しに来い」と挑発

お知らせ

6・16「Krush.29」王者・山崎秀晃「チャンピオンとして確実に叩き潰す」、一輝は「最後まで倒しに来い」と挑発

山崎秀晃vs一輝

[2013/06/15]

 6月15日(土)東京・後楽園ホールにて、明日、同所で開催される「Krush.29」の前日計量・記者会見が行われ、スーパーファイト[-64kg契約/3分3R・延長1R]で対戦する-63kg級王者・山崎秀晃と一輝が意気込みを語った。 >>詳細

 3・20後楽園でタイトルを獲得し、今回が王者として初めての試合を迎える山崎。計量をリミットちょうどの64.0kgでクリアすると「やることをやってきたんで、調整も上手いこといった。チャンピオンとして背負っているものが違う。確実に叩き潰しにいきたい」と王者らしい言葉で意気込みを語る。

 先日の記者会見では、一輝の神妙なコメントに「もっと噛み付かれるかと思ってました」と苦笑いだったが「応援してくれるみんなの顔を見ると絶対に勝たないといけないと思うし、王者として恥じない試合をする。それが一番大きい。WILDRUSHリーグやトーマス(・アダマンドポウロス)戦級に最大気にやってきた」と気合十分。

「王者に恥じない試合をするつもりですが、試合でやることはいつも通り。一輝選手のビデオを見て、前田(憲作)先生とミットをやって、試合ではミットを一輝選手の顔面に差し替えるだけ。しっかり狙って倒す」と持ち前の強打によるKOを宣言した。

 対する一輝もリミットちょうどの64.0kgでクリア。「これまでで最高の体重だったので、楽にクリアできて問題なかったです。僕は判定で勝つのが難しい勝ち方なので、KOで勝ちに行きます」と山崎同様にKO決着を予告する。

 前回の会見では神妙なコメントに終始した一輝だが「会見ではあんまり噛みつかなかったので、クレームが入りました、それでトレーナーからも『何やってるんだ、お前。(今日は)言って来い』と言われた」と、この日は豹変。「僕自身も思っていることだから言いますけど」と前置きして「前回のタイトルマッチのトーマス戦、ダウンを奪ってからの山崎選手の試合内容は逃げ腰だった」と、ダウンのポイントを守りきる形となった山崎の戦い方をチクリ。「もし自分はダウンしても最後まで倒しに行く。だから倒しに来てください」と逃げるなと言わんばかりのメッセージを送った。

 これには山崎も不快感を露わ。会見の最後にファンへのメッセージを求められると「勝ちます。以上です」とだけ答え、写真撮影後に一輝と握手を交わすも視線は一切合わさず。Krushが誇るハードパンチャー同士の激突は、危険な匂いがする一戦となりそうだ。

≫ Krush.29 大会概要
≫ 山崎秀晃 選手データ
≫ 一輝 選手データ

  • 山崎秀晃vs一輝
  • 山崎秀晃
  • 一輝
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます