ホーム > お知らせ > 6・16「Krush.29」NOMAN「イライラを力に変える。先にパンチを当てて倒す、そういう単純な試合で勝つ」

お知らせ

6・16「Krush.29」NOMAN「イライラを力に変える。先にパンチを当てて倒す、そういう単純な試合で勝つ」

NOMAN

[2013/06/07]

 6月16日(日)東京・後楽園ホールにて行われる「Krush.29」のスーパーファイト[-65kg契約/3分3R・延長1R]でHIROYAと対戦するNOMANのインタビューを公開! >>詳細

――4・21新宿では原一仁選手に3RKO勝利という結果でした。

「修正点はたくさんありましたけど、結果だけを見れば合格点ですかね。KOを狙ってKOで倒したという意味で」

――試合前には「新しい自分を出したい」というテーマを掲げていましたが、試合で掴んだ手応えはありましたか?

「常に前に出ようと思ったので、その点に関しては少しは出来たかなと思います」

――あの試合を経て、変わったことや変えたことはありますか?

「キツい展開になっても攻撃を出せるようなイメージで練習をしています。でも上手く行ったり、行かなかったりで、試行錯誤しながらやっていますね。どうしてもスパーリング相手が強くなると、自分が逃げに回ることもあるので、そこは改善したいです」

――例えばNOMAN選手の理想は自分が攻め続けて、最初から最後まで圧倒するような試合ですか?

「理想で言えば、噛み合った試合内容でどちらが勝つか分からない展開が最終ラウンドの2分50秒まで続いて、最後は自分がKO勝ちする試合です(笑)」

――それは劇的な試合ですね(笑)。

「本当は早く倒したいですけど、そういう試合の方が盛り上がるかな、と」

――練習で気をつけていることはありますか?

「ずっと(山本)元気さんに練習を見てもらっているんですけど、最近は自分が好きなように戦った方がいいよと言われています。自分も元気さんみたいな試合をしてみたいですけど、あの人と自分では頑丈さが違います…。まだ元気さんが現役でスパーリングをしていた頃、確実に効いたと思うパンチが当たっても、ビクともしませんでしたからね(苦笑)」

――今年は1・14代々木での木村ミノル戦(1RKO負け)をはじめ、NOMAN選手にとっては変革の一年になりそうですね。

「はい。木村戦が考えさせられる試合だったので、ファイトスタイルも試合に臨む気持ちも変えようと思いました」

――そして今大会ではHIROYA選手との試合が決まりました。最初に対戦相手として“HIROYA”という名前を聞いた時にはどんなことを思いましたか?

「昔、テレビで試合を見ていた頃は『この選手、本当に強いの?』と思っていて、いつか自分も(HIROYAと)戦えるまでになりたいと思っていたので、試合が決まった時はうれしかったです」

――これまでHIROYA選手はどういう目で見ていましたか?

「良くも悪くも恵まれた環境で試合をしているなと思っていました。Krushでそこまで結果を出していなくてもGLORYに出たり、そういうのは『他の選手に失礼じゃないの?』と思いますね。試合が決まるまで(HIROYAのことは)どうでもよかったんですけど、実際に戦うとなったら、そういう部分でイライラして、それを試合では力に変えようと思います」

――会見でもNOMAN選手とHIROYA選手は対照的だったように思います。

「本当はもっとディスってやろうと思ったんですけど、そういう雰囲気になってなかったですね(苦笑)」

――はっきり言って、若い選手が注目を集めたり、高待遇されることは不愉快?

「いや、別にどうでもいいんですけど…HIROYA選手と試合が決まって、そう感じただけです」

――NOMAN選手にとってHIROYA選手は初めてのビッグネームと言ってもいい相手だと思います。

「周りに『HIROYAと試合が決まった』と言うと『HIROYAは知ってる!』という反応は多かったですしね。でも(HIROYAは)知名度と実力が比例してないと思うんで、自分としては美味しい相手。それが正直な感想です」

――ではHIROYA選手は問題なくクリアして、次に進みたい、と。

「はい。先にパンチを当てて倒す、そういう単純なことしか考えてないです。ちゃんとしたパンチを顎に打ち込めば、技術的なことを抜きにして倒せると思うので、単純な試合で勝ちたいです」

――今回は65kg契約での試合となりましたが、それについてはいかがでしょう?

「めちゃくちゃ減量が楽なので、65kgでどのくらい動けるかは楽しみですね」

――NOMAN選手としても新境地になる可能性がある試合ですか?

「そうかもしれないです。HIORYA選手は完全にKOされたことは1回くらいしかなくて、KOされにくい相手じゃないですか。そういうHIORYA選手に一発当ててKOするのがベストですね。まあそれは理想ですけど、何が何でも勝ちたいです」

――やはりNOMAN選手が目指すものは63kgのベルトですか?

「はい。上に木村&梶原(龍児)選手がいるんで、ここでHIROYA選手を倒して自分もそこに、という気持ちです。あとは2世対決でも負けたくないですね」

――ブログに書いていた“魔裟斗2世vs猛2世”対決ですね。(※NOMANは自身のブログで、この試合を2世対決として、猛=父親の写真を掲載している)

「はい。わざわざ実家からあのブログを書くためだけに猛の写真を送ってもらったので、そこでも負けたくありません(笑)」

≫ Krush.29 大会概要
≫ HIROYA 選手データ
≫ NOMAN 選手データ

  • NOMAN vs 原一仁
  • NOMAN vs 原一仁
  • NOMAN vs 原一仁
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます