ホーム > お知らせ > 7・13「Krush-IGNITION」初代-55kg級王者・瀧谷渉太がタイトル返上、心機一転の再出発

お知らせ

7・13「Krush-IGNITION」初代-55kg級王者・瀧谷渉太がタイトル返上、心機一転の再出発

瀧谷渉太

[2013/05/26]

 5月25日(土)東京・新宿BLAZEで行なわれた記者会見で、初代-55kg級王者・瀧谷渉太のタイトル返上、7・13新宿への参戦が発表された。 >>詳細

 会見には宮田充プロデューサーと瀧谷渉太、KSS健生館代表(全日本新空手道連盟代表)久保坂左近氏が登壇。瀧谷が桜塾を退会し、新たにKSS健生館所属となったことが発表された。

 1・14代々木でマイク・アラモスに敗れて以来、試合から遠ざかっている瀧谷。心機一転を期して-55kgタイトルを返上し、7月13日の新宿FACE大会から再出発することになった。

 地元・愛知県から上京し、新生活を始めたばかりの瀧谷。「初めての一人暮らしで分からないこともたくさんあるんですが、選手としてだけでなく人間としても成長したいです。ベルトは返上しますが、次も自分が獲りたい。『-55kgのチャンピオンはやっぱり瀧谷』と言われるような試合をしたいと思います。練習して、帰って一人で洗濯したり食事したり。そういう環境にも早く慣れて集中したいですね」

 新空手道連盟の代表として高校時代から瀧谷を見守ってきた久保坂代表は「自己流の部分があるので、持っているポテンシャルはいじらず、フィジカルなどを伸ばしていきたい。まだまだ伸びしろがありますね」と大きな期待を寄せている。

「試合から遠ざかっていて、リングで輝いている選手がうらやましかった。“Krushには瀧谷渉太がいる”ということを示したい」と語った瀧谷。東京での生活と練習でどんな成長を見せるのか、大いに注目したい。

 なお、宮田プロデューサーによると、返上された-55kgタイトルの新王者決定戦は来年1月に行なわれる予定。現在、行なわれているWILDRUSHリーグの優勝者と、今年下半期に活躍した選手の対戦になることが濃厚だ。もちろん、その最有力候補は瀧谷。だが今後の展開次第では、新たな王者候補が台頭してくる可能性も。-55kg戦線は、ここからさらにヒートアップしていきそうだ。

≫ 瀧谷渉太 選手データ

  • 瀧谷渉太
  • 久保坂代表、瀧谷渉太、宮田プロデューサー
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます