ホーム > お知らせ > 6・2「Krush-IGNITION」KEN「中島選手に勝てば自ずと道は開けると思う。必ず結果を出す!」

お知らせ

6・2「Krush-IGNITION」KEN「中島選手に勝てば自ずと道は開けると思う。必ず結果を出す!」

KEN

[2013/05/29]

 6月2日(日)東京・新宿FACEにて行われる「Krush-IGNITION 2013 vol.4」のメインイベント[Krush -70kg Fight]で中島弘貴と対戦するKENのインタビューを公開! >>詳細

――昨年の10・21Krush以来の参戦となりましたが、一度、Krushのリングを経験して、どんなことを感じましたか?

「雰囲気的にみんな打ち合う流れがあるので、自分もそれに乗せられるというか、そういう気持ちになって戦いました」

――あの大会ではメインイベントで山内佑太郎選手と対戦、惜しくも判定2-0で敗れてしまいましたが、激しい打ち合いで会場を沸かせていましたね。

「試合中は必死だったので、会場の盛り上がりは分からなかったです。とにかく何が何でも勝ちたいという一心で戦っていたので。あの試合は自分にとって大きなチャンスだったし、前の試合でも負けていたので、勝ちにすごく飢えていたんです。だから結果が出なかったことは残念です」

――Krushルールについてはいかがでしたか?

「自分的にはムエタイスタイルよりも打ち合うスタイルの方が得意なので、Krushルールは自分に向いていると思います」

――では再びKrushからオファーを受けて、またKrushで試合をやりたいと思いましたか?

「そうですね。あとは相手が中島選手ということで、なおさらやりたいと思いましたね」

――中島選手は戦いたい相手だったんですか?

「はい。基本的に同じ階級の選手は戦うかもしれないと思って見ているんですけど、以前から中島選手とはやってみたいと思っていました」

――ファイターとして中島選手にはどんな印象を持っていましたか?

「パンチが強くて、ローを蹴りながら前に出てきてヒザ蹴り。そういうイメージですね」

――KEN選手から見て、タイプ的にはやりやすい相手ですか?

「やってみないと分からないですけど…スピードは自分の方が全然あると思いますね。あとは一発に気をつけて戦おうと思います」

――山内選手に続いて70kgの国内トップ選手との対戦になりましたが、そういった相手と戦う心境はいかがでしょう?

「オファーをいただいた時は、モチベーションが上がったというか、気持ちが燃えました。でも相手のことを『強い』と意識しすぎて、自分の動きが出せなくなるのは嫌なんですよ。中島選手は強いと思いますけど、特別な相手ではなく、普通の相手だと思って戦います」

――中島選手のことを過大評価せず、等身大の相手として見ている、と。

「自分では勝てると思っているんで、相手を大きく見ることはないです」

――KEN選手は今回がKrush2戦目、Krushにおいてはどんな目標がありますか?

「前回の試合で負けているので、今は目の前のことしか考えていません。中島選手に勝つことだけを考えて、それから先のことは考えられないです」

――試合までは中島選手に勝つことだけを考える毎日ですか?

「はい。今までで一番、自分でも納得できる練習がやれているので、あとはそれをリングでぶつけて結果を出すだけです。中島選手に勝てば自ずと道は開けると思うので、必ず結果を出します」

≫ Krush-IGNITION 2013 vol.4 大会概要
≫ 中島 弘貴 選手データ
≫ KEN 選手データ

  • KEN
  • 山内佑太郎 vs KEN
  • 山内佑太郎 vs KEN
  • 山内佑太郎 vs KEN
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます